インプラント治療の平均期間

インプラントでの治療

歯を失ったらインプラント

歯根から歯を失った時には、入れ歯やブリッジを利用する方法もありますが、新しい治療方法でもあるインプラントであれば、歯があったころのような快適な食生活を送ることができるのでおすすめです。入れ歯になると、取り外しをすることになるので毎日のお手入れが必要になり、器具の間に食べ物がはさまって痛いというトラブルも発生しがちです。しかし、インプラントであれば取り外すこともなく、自分の歯のように普通に歯磨きをするだけであり、金具が表面に出ていることもないのでひっかかることもないというメリットがあります。また、ブリッジになると失った歯の両側2本の歯に橋渡しをして被せものをすることになり、取り外さないので手入れがいらないという面では入れ歯よりもおすすめなのですが、健康な2本の歯を小さく削ってしまうことになるというのはおすすめできません。インプラントの場合には、人工の歯根を顎の骨に埋め込んで作ることから始め、一本の歯で独立させることができます。つまり、他の歯に負担を与えてまた歯を失わせてしまうというリスクもない治療というのもメリットです。さらに、インプラントは美観的にも美しいので、前歯に使用して他の人から見られても違和感のない仕上がりというのもメリットです。

↑PAGE TOP