• トップ /
  • インプラントのメリットとは

審美歯科の力を最大限発揮

インプラントのメリットとは

インプラントは、元通りの歯

歯を失った場合、まず入歯かブリッジで治療します。ブリッジは残された両側の歯にかぶせものをし、その時両側の歯を削りますので、健康な歯の寿命を縮むという欠点があります。入歯は、食べ物をかんだときに、歯根でしっかりと支えられていないために、健康な歯に比べて、噛み心地が、もう一つとなる欠点があります。さらに、高齢者の場合は、歯のケアが十分できないために、細菌感染を起こし、その細菌から肺炎になる危険性もあります。そのような場合、ほかの治療法にインプラントがあります。インプラント(人工歯根)は、顎の骨に人工歯根を埋め込み、その人工歯根が、顎の骨に密着するので、人工歯根の上にのせた歯冠で、食物をかむとき健康な歯と同じような噛み心地を得られるメリットがあります。歯冠もセラミック性で堅く、見た目も自然のはと変わらず、元通りに見えるというメリットもあります。人が健康に生きるには食事が大切です。食事の時の噛み心地が元通りとなり、歯を失う場合と同じであると言うメリットは大変大きいものです。インプラント歯、日常のケアをしっかりと行い、食べかすを歯に残さず、手術をしてくれたクリニックに定期的に通院して、歯を清潔に保てば、歯の状態は元通りとなり半永久的に持ちます。

↑PAGE TOP